前へ
次へ

七五三の祈祷の謝礼として初穂料を渡します

七五三を行ってくれる神社へ祈祷してもらう謝礼として初穂料を渡します。
多くは祈祷をしてもらう前に渡します。
初穂とはその年にとれた米や農作物のことを言います。
昔はそのような米などで謝礼していましたが、現在はお金で渡すのが普通です。
金額は神社により異なってきますが五千円から一万円あたりが多いようです。
わからない場合は多めに用意していくか電話で確認しましょう。
七五三のシーズンの11月はとくに混み合ってきますので、事前に祈祷の時間の予約をしておきますと、待たされることもありません。
三歳や五歳の子供はとくに長い時間神社にいますと、疲れてしまい機嫌が悪くなる可能性もあります。
せっかくのお祝いの日ですので機嫌よく過ごさせてあげましょう。

Page Top