前へ
次へ

七五三の初穂料について

初穂料とは、神仏にお供えする、その年初めて収穫された農作物の代わりに納める金銭のことをさします。
神社に対し、祈祷やお祓い、祝詞の謝礼で収める金銭のことを言います。
初穂料の相場は気持ちにもよるところで、また場所によっても異なりますが、3千円から1万円位と言われています。
あらかじめ料金を決めている神社もあるので、調べてみると良いでしょう。
神社で正式に参拝する場合の謝礼の渡し方は、赤白の蝶結びの熨斗袋に入れて用意します。
または白い封筒でも大丈夫です。
表書きには、「御初穂料」または「初穂料」と書きます。
(最近は、あらかじめのしの上の部分が印刷されたものも売っていますので、それでもかまいません。
)水引の下の段には、七五三に該当する子供の名前をフルネームで書くのが一般的とされています。

Page Top