前へ
次へ

七五三の初穂料について

子供の七五三のお詣りをする時に、健康などを願って祈祷をしてもらうことが多いです。
その時に、祈祷をしてもらったお礼として神社に納めるお金のことを初穂料といいます。
紅白の蝶結びの水引がついている熨斗袋を用意し、慶事用の筆ペンで子供の名前を書きます。
中に包む金額は、5000円〜10000円が一般的とされています。
神社によっては金額が指定されている場合もあるので、事前に問い合わせておくとよいでしょう。
当日は、まず神社の社務所で祈祷を申し込むので、その時に申し込み用紙と共に受付の巫女さんや神社の職員の方に渡します。
当日は忙しくバタバタとするので、自宅に忘れたりなどしないようにしっかりと準備したいものです。

Page Top